<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
FF3
a0004612_231353.jpgオークションで落としたフィギュア届いた!竜騎士のレフィアがお気に入り。

FFシリーズ初体験。ゲームの中盤にきて行き詰まってしまった...。どーしても勝てないステージがあります。これどーしたらいいんんだろ?いろんな攻略サイトやmixiのコミュでも情報収集してんだけどな〜。もっとLvをあげないとダメなのかしら?ジョブが悪いのかな?誰かおしえてー!
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-28 23:13 | Nintendo
さて、これはなんでしょうか?
a0004612_225819.jpg近所の駅前でパフォーマンスしていたお兄さんから購入してみますた。
ベトナム ハナモン族の「口琴」という楽器。

金属の部分を口にはさみ軽く加え、尖った部分をビヨビヨと揺らします。するとびよよ〜ん,びよよ〜んと不思議ななつかしい音がなります。ディジュリドゥのような自然の中から産まれたような音で余韻が長いー。口の形によっても音は違うし、舌や咽喉などの動きによってメロディーを奏でることも出来るそう。こりゃ気持ち良く外で奏でたいですな。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-27 22:58 | music
トルコ旅行記 最終章
a0004612_16403944.jpg
カッパドキアにいたトルコ流?!雪だるま。国旗を持たせるところからも愛国心が見えるでしょ?

さて、旅行写真はフリッカーにあげたので、ブログでは今回の旅行で一番印象深かったことを書いて旅行記を〆ようと思います〜。トルコと日本の事。

明治23年、トルコの軍艦エルトゥールル号が、和歌山県の海上で遭難し、爆発、沈没し大惨事となった。そのとき、和歌山県の住民たちが、献身的な救助、介抱に当たったそうな。この結果、69名が救出され生還することができた。その後山田虎次郎さんという方が犠牲者の遺族にたいし、自ら義援金を集めトルコに単身渡ったそうな。のちに虎次郎さんはトルコと日本の友好関係に何役もかいます。トプカプ宮殿には虎次郎さんから送られた日本の鎧と刀が展示してありました。この出来事はトルコ国民の間で美談として伝えられているそう。

その後、イラン.イラク戦争の1985年。イラクのフセインが「今から48時間以降、イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」という声明を発した。これにより各国の政府は自国の航空会社により自国民を救出。が、日本の航空会社は定期便を持っていなかったため、現地との調整に手間取り、現地の日本人200名以上は搭乗便を確保できず取り残されてしまった。

そんな中ぎりぎりの状態でトルコの航空機が派遣を申し出てくれ、2機のトルコ航空機がテヘランへ派遣された。2機のトルコ航空機が215人の日本人を乗せてイラン国境を越えた時はタイムリミット直前だったそう。自らの命をはったトルコのクルーたち。機内ではいつもと変わらないサービスだったそうで、国境を越えたときは機内で拍手がわき上がったそうな。日本人はトルコ航空機により助けだしてもらった。この話を聞いて泣いている女子や涙をこらえていた相方がいました。

この歴史を日本人はどれだけ知っていますか?トルコ国民は日本人にたいしてとても友好的に思っている。なのに日本人は歴史を知らな過ぎると現地のガイドさんに言われて胸が痛かった。知らない人のために伝えなければ、もっと伝えやすい絵本があってもいいなと思った。歴史はウソをつかない。今度旅行に行くときはもう少し知識を持って出かけようと思う。

詳しくはWiki エルトゥールル号遭難事件Wiki トルコ航空を見てみてくださいね。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-26 22:40 | travel
ナザール・ボンジュ
a0004612_23575198.jpgトルコのお土産として有名なナザールボンジュ。トルコのお守りです。

日本のカラスよけに似てますね。ミギーみたい。帰ってきてから、このかわいさに気が付きもっと買ってくればよかったと後悔。それでも10個以上は買ってきたんだけど...。

#みなさん、写メで自分撮りってしますか?ワシはほぼ皆無です。
 もちろん旅先でもゼロです。
#トルコ旅行記はフリッカーにあげたのでブログに書くかは気分次第。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-22 23:57
24辛
a0004612_23544879.jpg友人らが激辛!食べるとメイクが全部落ちる!15分は話が出来なくなる!と噂をしていた「 危険!スーパーハバネロチキン」を食べるべく赤ちり亭へ出かける。

辛いもの大好きです!辛い辛い!でもうまい〜!って汗をかきながらする食事は大好物。まずは5辛マークのついた 「海老とトッポギの3種唐辛子ピリピリ炒め」を食してみる。ふむ、まぁまぁ辛いけど余裕です。この調子ならチキンもいけちゃうかも!噂のチキンを頼むと店員さんから辛いけど大丈夫ですか?っと念をおされた。大丈夫ですよ、これを食べにきたのです。辛そうなチキンと共にビニール手袋も運ばれてきました。ちょwww。覚悟してパクっ!ん〜?!意外と大丈夫!確かに辛いけど食べれます。オレ様辛いの得意じゃ!んで調子にのって二口、三口。あぁ口の中がしびれてきた...。確かに辛さを楽しむにはいいかもだけど、美味しいかどうかは別だな...。辛いもの体験をしたい方はぜひどうぞー。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-19 23:54 | おいしいもの
TROY
a0004612_17555875.jpg今更ですがTROYを見ました。もちろんトロイに行ってきたので。っていうか行く前に見とけよって感じだけど。

ホメロスの叙事詩「イリアス」が元になった映画。お、お、おもしろかった〜。ザ男! これぞ漢!!! 雄! 押忍!ブラットピットとエリックバナの見事な筋肉美と醸し出される男の色香。チョー美しい。戦闘シーンはやはり目をそらしたくなりますね。うぅうぅ。辛いの〜。NO WAR! ホメロスの描く物語とこの映画のストーリーにはわずかな共通点しかないそうなので、原作も読んでみるかな。

しかし、今はまっているFF3と色々かぶって見えたよ。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-19 18:10 | movie
IRIMOYA
a0004612_23493075.jpg週末は別邸 入母屋さんへ。

大きい重厚感のある木材のテーブルセットに美しい日本料理。完全に個室でゆっくりお話ができます。海外生活者が多い会で、話題は各国の生活文化。異文化で生活する苦労や楽しさなど。生涯に一度ぐらい日本以外でも暮らしてみたいなー。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-16 23:49 | おいしいもの
トルコ旅行記 その5
移動中のバスから羊の群れや牛、馬が見えることもしばしば。
a0004612_051793.jpg

コンヤに行く途中に立ち寄ったディナールで食べたヨーグルト。粘りっけがあるヨーグルトに濃厚なはちみつとけしの実がかかっています。これを練って頂きます。美味しい。
a0004612_0511955.jpg

山深い場所に移動していくとあたりは雪景色に。
a0004612_0513030.jpg

トルコの少年たち。
a0004612_0514380.jpg

[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-15 00:54 | travel
旅での出会い
a0004612_1302947.jpg旅行をご一緒した年配のご夫婦に、もし自分達が写っている写真があったらぜひ送ってください!っと帰り際に住所を渡しました。
すると早々に旅の写真が送られてきますたよ!写真と同封されていた2通のお手紙には旅での思い出、遺跡を見てなにを感じたか、そして同行したメンバーへの感謝の気持ちが記されていて、暖かいお手紙でした。ほろ酔いで書いたので駄文だなんて書いてあリましたが、ほろ酔いで綴るなんて所もステキです。68歳になってもご夫婦で旅をしている姿を見習いたいです。一期一会。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-14 01:30 | travel
トルコ旅行記 その4
「綿の城」という意味のパムッカレへ。温泉地として栄えていた場所。日本と同じ硫黄の匂いがただよいます,
a0004612_22263675.jpg

温泉水の石灰分が棚状にたまってできたお城。不思議〜不思議〜。
a0004612_2226498.jpg

暖かい場所と冷たい場所がありました。
a0004612_2227023.jpg

a0004612_22271545.jpg

パムッカレに行く途中、昔ながらの風習の残っている街へ立ち寄りました。ここは嫁入り前の娘がいると家の屋根の上に空き瓶を置いて、嫁入り前の娘がここにいるよ〜〜っと村の人に伝えるそうです。トルコはまだまだ恋愛に保守的で見合い結婚が98%。結婚相手は両親が決めてくることが多いんだそう。女性は結婚するまで男性と手を繋ぐどころかまともに話もしたことないそう。でもそれがトルコの男性にはモテるポイントだそう。清い。清い。
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-02-12 22:33 | travel