富士登山~前半 登山編~
いよいよ富士山へ。須走口から登ります。
a0004612_22234576.jpg

シモツケという花。
a0004612_22243112.jpg

ほたるふくろ
a0004612_22244610.jpg

地図を見てちょっとびびる。
a0004612_22271991.jpg

駐車場からの富士山。こいつの頂上を目指して、いざGO!
a0004612_22282367.jpg

ヘッドライトをつけポケットには飴やチョコや酸素ボンベや夢を詰めて登りはじめます。
a0004612_2228366.jpg

星空がとても近くて美しく仲間と感動しながら登る。下に見える街では花火大会をやっていて、小さく花火も見えました。流れ星もたくさん見えるし星が明るいし、宇宙と自分が近くに感じた。

で、、、ここからが試練。六合目に入ったあたりから頭痛が始まる。あれ?これって高山病か???でも認めると悪化しそうだからしばらく言葉にしないで登る。しかし、気持ちをごまかしても体は確実に普通ぢゃない。友人に頭痛薬や酸素ボンベをもらいながら、なんとか仲間についていく。砂じゃりの坂道に足をとられるし、心肺機能が今までになく苦しいし、離脱しマイペースで登ることを宣言。六合目から八合目までが一番つらかった。投げ出したい気持ちでいっぱいで考えることと言えばリタイアのタイミング。限界がどこかを体と相談しながら登り続けた。八合目まで登った時は正直フラフラで、頂上まで登れなかった時どう自分に言い訳するんだろう、でも無理して迷惑かけてはいけない、などと考えていた。それでもここまで登ったし、ゆっくりでもいいから一歩進めば確実に上にいけるのだから、頂上まで行くのが明日の昼だろうがかまわない、とにかく行こうと思い、重い体を(実際重いんだけど)ゆっくりゆっくり動かし続けた。吐き気も出てきてエヅキながら登っていると知らないおばさんから高山病の薬をもらう。無条件な親切に出会う。ありがとうございます。世の中すてたもんじゃないね。神様がいるかもと思った瞬間だった。夜の8時から明け方の4時まで徹夜で登り、なんとか八合目と九合目の間までたどり着いた。防寒対策はしっかりしていてもとても寒い。励まし続けてくれた相方も寒さでつらそうだった。
そして空が色付き始めた。
a0004612_22284654.jpg

a0004612_22292516.jpg

a0004612_22293311.jpg

火がついていく。
a0004612_22294313.jpg

a0004612_22295178.jpg

ご来光!
a0004612_2229584.jpg

a0004612_2230676.jpg

a0004612_22301372.jpg

九合目の鳥居。あともう一息!
a0004612_22302039.jpg

頂上まで大渋滞。自然の中でこの人って!富士山ならではだね~
a0004612_22302837.jpg

頂上到着!。誰にも気づかれないように泣いた。よくがんばったよ。後半へ続く・・・
a0004612_22304256.jpg

[PR]
by goegoegoe14 | 2008-08-04 22:31 | 赤ラララ
<< 富士登山~後半 頂上下山編~ KORG DS-10 >>