三州屋 銀座一丁目
a0004612_22281263.jpg
友人のおすすめ店三州屋さんへ行ってきた。週末ですもの。美味しいものを食べつつ飲みたいですわ

ここの牡蛎フライがめちゃくちゃ美味しいらしいんだけど、季節外れでやってなかった。変わりに頼んだのはフライ盛り合わせ(鮭,えび、ほたて)。期待以上の美味しさでびっくりした。衣はしゃくしゃく、でも油はしつこくない、パン粉の頃合いもいい。たぶん手作りのパン粉だと思う。正直フライは得意ではないんだけど、ここのならオカワリしたくなります。他、ぶりの照焼きやさんまの刺身、どれも申し分ありませんでした。なにより銀座のど真ん中なのに大衆居酒屋っぷりがまた良い!ビバ!サラリーマンっという雰囲気。コストパフォーマンス的にも満足いきます。リピート間違えなし。



着物を着た女性(たぶんどっかのママ)に声をかけられた。最初、道にでも迷ってるのかと思い足をとめると、夜にアルバイトしないか?っというお誘いだった。銀座の街をビニールのサンダル(600円)とTシャツとGパンで歩くワタシがお金なさそうに見えたのか,つり目なワタシがいかにも大酒呑みに見えたのか、田舎者に見えたのかはわかりません。とってつけたように、きれいだったから〜なんて体をくねらさせて言われても納得できません。大昔AVに誘われたことはあったけど、それは自分が若かったからだろうと思う(その時も納得できなかったけど)でも今なぜ、こんな年増の腹の出たぶよぶよのワタシが誘われたんだろうか?誘われた理由を考えると自虐がすすみ落ち込んでくる。銀座のクラブで働くお誘いになんだかとってもショックだった。隙だらけなんだろうな...
[PR]
by goegoegoe14 | 2007-09-07 22:28 | おいしいもの
<< お着物買い物Day 台風の日はコロッケ >>